M-laboratory

M-laboratory 新作

DAWNORDUSK

東京公演            

作・構成・振付・出演

三浦宏之

 

出演・振付

上村なおか

田中麻美

野口友紀

宮脇有紀

山科達生

丸山武彦

日時 2020年9月26日(土)

       6月27日(日)

会場 小金井宮地楽器ホール 小ホール(東京都小金井市本町6丁目14−45)

  ・JR中央線「武蔵小金井駅」南口駅前

   会場に専用駐車場はありません。ご来場の際は公共交通機関、近隣コインパーキングをご利用ください。

  

チケット発売・予約受付開始 2020年7月中旬予定

照明プラン 丸山武彦

照明オペレーション 古矢涼子

音響 角田寛生

助成 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

​制作 Re-production of performing arts Works-M

主催 M-laboratory

問合せ

M-laboratory 

mail wokrsmlabo@gmail.com

web https://worksmlabo.wixsite.com/m-laboratory/oki-reserve

tel 042-316-6103

​fax 042-316-6102

出演者プロフィール

三浦宏之 Hiroyuki Miura

M-laboratory主宰/ Works-Mアートディレクター
'93年土方巽記念アスベスト館にて舞踏を始める。以降これまでに振付家及び実演家として欧州、アジア、北米、南米、計21ヶ国45都市以上での公演に参加。
'99年ダンスカンパニーM-laboratoryを結成。’02年からはソロワークも開始しアジアを中心に国内外で上演、作品製作、ワークショップ活動を行う。
'10年よりアートユニットWorks-Mを開始し、これまでに9作品を製作し国内8都市で発表。Works-Mでは振付作品以外に「身体」をモチーフとした現代美術インスタレーション作品も発表、さらに'16年からはプロデュース・マネジメント業務を開始する。

'15年にはM・O・W M-Lab Open class & Workshopを開講し、国内各地にてアウトリーチ活動にも注力している。
近作は'16年横浜ダンスコレクションアジアセレクションにて上演された「クオリアの庭 Garden of qualia」、'17年M-laboratory 活動再開作品「Moratorium end」、'18年東京・岡山・沖縄の3都市で上演「いなくなる動物」、'19年3月上演「あなたがいない世界」がある。
横浜ダンスコレクションRソロ×デュオコンペティションナショナル協議員賞受賞。東京コンペ#2優秀賞受賞。

三浦宏之オフィシャルウェブサイトhttp://www.t3.rim.or.jp/~h-miura/

上村なおか Naoka Uemura

金沢市生まれ。幼少よりバレエを始める。

木佐貫邦子にダンスを、笠井叡にダンスとオイリュトミーを師事し、作品にも多数出演。

「ひとつの身体」の可能性を探るべく'95年より自作ソロダンスを開始。

「身体の発見と冒険」をキーワードに様々なジャンルのアーティストとの協働作業やワークショップ、振付、共作、客演も積極的に行っている。

近年では<笠井瑞丈×上村なおか>としても継続的に活動中。

第36回舞踊批評家協会新人賞受賞。

桜美林大学芸術文化学群講師。

http://www.naoka.jp/                       

photo : Masatoshi Kaga

田中麻美 Asami Tanaka

合唱をきっかけにダンスに出会う。これまでに三浦宏之作品「あいまに」やWorks-Mの作品等に出演。'14年からは短編ソロを主に作品制作を開始し発表。

'16年〜'17年ダンスユニットHenry・C・Mullerに参加。'16年からはWorks-Mの制作としても活動を始める。

'19年に「Snkt」を開始。様々なところに存在する隙間に興味がある。

「今ここにいる」ことを大切に踊る。

​asamiimakoko.jimdo.com

野口友紀 Yuki Noguchi

1989年、岡山県生まれ。三浦宏之の主宰するメンバーシップカリキュラムM・L・I M-Lab Instituteへの参加をきっかけに、2016年よりコンテンポラリーダンスを始める。これまでに三浦宏之振付作品への出演のほか、岡山と神戸でそれぞれソロ作品を上演。2019年に東京へ移り、自らと向き合い続けることを課題に、ソロ活動を行なっている。

photo : junpei iwamoto

宮脇有紀 Yuki Miyawaki

幼少時よりクラシックバレエを始める。16歳でオーストラリアにバレエ留学。

帰国後、日本女子体育大学に入学し、在学中、太田ゆかり、じゅんじゅん、上野天志などの作品に出演。

企業に就職した後、国内ダンス留学@神戸6期に参加し、自身の作品『Accord』を発表。修了後、ダンサーとして鈴木ユキオ、岩渕貞太などの作品に出演。

自身の創作活動では”パブリックスペースでのカラダの記憶と気づき”にフォーカスし、ソロ作品を発表している。

photo : camerina

丸山武彦 Takehiko Maruyama

岩手県生まれ

 

最近は舞台裏ばかりウロウロしているが、「辞めたなんて一言も言ってませんよ」と、意地を張ってみる。

新しい技術は中々上達せず、以前出来た事は覚束なくなっていくなか、忍び寄る年齢と仲良く暮らす事をテーマに日々を過ごす。

山科達生 Tatsuo Yamashina

野球を続ける中で身体操作に興味を持ち、游魚に踊りを師事。
2019年、M・O・W M-Lab Open class & Workshop三浦宏之定期クラスに開講より参加。

2019年11月よりWorks-Mのプロダクションマネジメントを開始。

2020年4月よりM-laboratoryメンバー。

DAWNORDUSK 国内三都市ツアー

2020年9月26日(土)27日(日) 小金井宮地楽器ホール(東京・小金井市)

2021年2月13日(土)14日(日) アトリエ銘苅ベース(沖縄・那覇市)

​ ※2020年6月に予定していた沖縄公演は2021年2月に日程延期になりました。

2021年3月27日(土)28日(日) せんだい演劇工房10-BOX(宮城・仙台市)

 ※2020年7月に予定していた仙台公演は2021年3月に日程延期になりました。

 

提携 アトリエ銘苅ベース

助成 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

   公益財団法人仙台市市民文化事業団

制作協力 Mings 知花幸美 糸数育美 國場めぐみ

     KENTARO KUJIRAI コンペイトウ

     mondenkind

     M・O・W M-Lab Open class & Workshop

後援 沖縄タイムス社

   沖縄テレビ放送株式会社

   琉球放送株式会社

   琉球新報社

   琉球放送株式会社

   河北新報社

制作 Re-production of performing arts Works-M

DAWNORDUSK アンケートTwitterにて実施中

M-laboratory2020 新作「DAWNORDUSK」のアートワークの一環として、4月より半年間のアンケート調査がTwitterで行われています。アンケートの推移は随時作品に反映されてゆきます。内容は一つのイメージを見て、二択の質問に回答するだけ。ぜひ参加して創作の一端を担ってください。

イメージが、世界を変える。

詳細は#DAWNORDUSKで検索または、M-laboratory Twitter

Copyright © M-laboratory  and photographers all rights  are reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now