​「Moment of motion」

Momチラシ表面.jpg
Momチラシ裏面.jpg

M-laboratory 女性ダンサーによる、4つのソロダンス。

カンパニー初となる、女性ダンサーによるソロオムニバス公演。
作・構成・出演は上村なおかに加え、2019年5月にカンパニーメンバーオーディションによって、メンバーに選出された田中麻美、野口友紀、宮脇有紀の4名。
作品創作では、プログラムディレクションを務める三浦から一つのテーマが与えられ、ダンサー4名がそれぞれの解釈によってクリエイションを行う。
「全ての生き物が持つであろう普遍性を持ったそのテーマは、突き詰めれば女性にしか体現出来ないものである。」と三浦は語る。
公演では、個々の作品が多様な方向性で作品を提示することとなったが、4つの作品がオムニバスとして並ぶことで、テーマに沿った一つのラインが描かれるものとなった。
それは「Moment of motion」という、一つの作品であるとも言える。

上村なおか「うつわをめぐる」

M-laboratory「Moment of motion」上村なおか『うつわをめぐる』
M-laboratory「Moment of motion」上村なおか『うつわをめぐる』
M-laboratory「Moment of motion」上村なおか『うつわをめぐる』

〜作品コメント〜

「Moment of motion」の共通の1つのテーマ。

そのテーマの果てしなさと、今現在のカラダが、この場で出会うことができればと願い踊ります。

田中麻美「果実の骨」

M-laboratory「Moment of motion」田中麻美『果実の骨』
M-laboratory「Moment of motion」田中麻美『果実の骨』
M-laboratory「Moment of motion」田中麻美『果実の骨』

〜作品コメント〜

かたちを変えながら脈脈と。とある一つの、終わらない話。

野口友紀「生まれゆく◯」

M-laboratory「Moment of motion」野口友紀『生まれゆく◯』
M-laboratory「Moment of motion」野口友紀『生まれゆく◯』
M-laboratory「Moment of motion」野口友紀『生まれゆく◯』

〜作品コメント〜

いつだったろう

過去のある時点 あるいは未来の

これまでとこれからの

いつか

めぐりめぐるすべての 還るところへ

曖昧なものが たしかに生まれるそのときへ

今、このとき有するからだが

生きている

宮脇有紀「カムリノヒカリ」

M-laboratory「Moment of motion」宮脇有紀『カムリノヒカリ』
M-laboratory「Moment of motion」宮脇有紀『カムリノヒカリ』
M-laboratory「Moment of motion」宮脇有紀『カムリノヒカリ』

〜作品コメント〜

きっと温かかった。眩しかった。

たぶんあの場所で出てみたら?とカラダがはじめて自分に語りだした。

何の記憶もないはずなのに、そのヒカリを浴びた瞬間に溢れてきた。

これから出会う大切な誰かの振動にのせられて。

日時

2019年11月15日(金)19時

     16日(土)14時 / 18時

会場 

テルプシコール(中野区中野3-49-15 1F)

作・振付・出演
上村なおか「うつわをめぐる」

田中麻美「果実の骨」

野口友紀「生まれゆく◯」

宮脇有紀「カムリノヒカリ」

照明

丸山武彦

 

音響

三浦宏之

協力

笠井瑞丈 兼盛雅幸 定方まこと 西井裕美 山科達生

プログラム・ディレクション

三浦宏之

制作

Re-production of performing arts Works-M

​主催

M-laboratory

Copyright © M-laboratory  and photographers all rights  are reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now