私の存在が、虚無を溶かしてゆく。 

私は虚無の中にありながら、存在している。 

M-laboratory Moratorium end progress 公演​ 

終わる前

2010年に活動を停止してから6年。
2017年の活動再開に向けて新作「Moratorium end」のレジデンスクリエーションを岡山で行い、クリエーション最終二日間に渡りワークインプログレスとして「終わる前」を発表。
カナダから帰国した今津雅晴、前10年の活動後半より参加していた上村なおか、2017年の活動再開より参加する小暮香帆の3名によるクリエーション及び上演となる。
すでに廃校となった旧内山下小学校の教室での上演は、劇場空間では見ることの出来ない静謐な空気を纏いながら、日常を非日常の世界へと変貌させた。
また、プログレス公演二日目は上村なおかと小暮香帆の2名による上演となり、M-laboratory初の女性デュオ作品ともなった。
本作が、M-laboratory活動再開「Moratorium end」の骨格となる。

日時 2016年11月19日(土)・20日(日)両日19:00開演​

会場 旧内山下小学校(岡山市北区丸の内1-2-12)

作・構成・振付 三浦宏之

出演・振付   今津雅晴(19日のみ出演) 上村なおか 小暮香帆

​協力 池田正則 三宅和子

主催 特定非営利活動法人 ENNOVA OKAYAMA

  (ハイコーチャレンジ2016!! 内山下コモンゲエト

企画 M-laboratory

​制作 Works-M

​photo:Sakae Oguma

Copyright © M-laboratory  and photographers all rights  are reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now