停止。

2010年3月21日。1999年10月より10年間活動を続けてきたM-laboratoryの活動停止公演として上演された作品。一度きりの活動停止という三浦宏之のコンセプトから、アサヒアートスクエアにて1ステージのみの上演となる。動き続けてきたものが、停止する瞬間。それは身体においても、時間においても、空間においても同じ条件によって、同じ状態を伴って立ち上がる。踊りが立ちあがる瞬間と、それが停まる瞬間は同義であり、総ては0から始まり0に集約される。生と死、有と無、真と虚、それらシンプルな要素を極限まで純化し、ダンサー8人の身体と、丸山武彦の照明、宮内康乃の楽曲とによって構成した。M-laboratory活動の集大成であると同時に、その結晶とも言える作品。

 

ここからM-laboratoryは7年間の活動停止期間に入る。

初演 2010年3月21日

会場 アサヒアートスクエア

作・構成・振付 三浦宏之

出演 上村なおか 江頭慶子 笠井瑞丈 兼盛雅幸

   草野千裕 斉藤栄治 鈴木秀城 丸山武彦

照明プラン 丸山武彦

照明オペ 古矢涼子

作曲・音響 宮内康乃

舞台監督 十亀脩之介

宣伝美術 小石原剛

撮影 たきしまひろよし(PLASTIC RAINS)

制作 兼盛雅幸

主催 M-laboratory

助成 芸術文化振興基金

協力 アサヒビール株式会社

   Damda!

   Affresco

​photo:Sakae Oguma

​photo:Sakae Oguma

Copyright © M-laboratory  and photographers all rights  are reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now