CORVUS Eurythmie Performance

「親愛なるアルトーさんへ」”Pour M.Artaud”岡山公演

Works-M Re-production of preforming art | Archive | CORVUS 親愛なるアルトーさんへ
Works-M Re-production of preforming art | Archive | CORVUS 親愛なるアルトーさんへ

この作品は、フランスの詩人、演劇作家、俳優でもあるアントナン・アルトーの日本語訳テキストをもとに、その「言葉の音声から生まれる動き」によって構成されています。

 

「Eurythmie(オイリュトミー)」という身体技法は、「良い、美しい」を意味するギリシア語「Eu」と、「リズム」の語源でもあり、「形、姿、流れ」を意味する「Rhythmos(リュトモス)」という古代ギリシア語から名づけられました。

 

A・アルトーが遺した膨大な言葉を、現代に「声」として、「イメージ」として、「形姿」として、オイリュトミーの身体技法を通して身体化し、動くことの中から、アルトーの新たな現在進行形の姿が出現するかもしれないと直観します。

 

19世紀末のフランスに生まれ、1937年〜46年までの9年間を、いくつかの精神病院に監禁されたまま過ごしたアルトーは、第二次世界大戦とともに混迷を極めてゆく時代の狂気に、まさに身をもって対峙し、それを引き入れ、その身体的極限状況においてなおも言葉を手放しませんでした。

 

そのアルトーの言葉と身体は、今、にわかに危うさを増してゆく現代の世界に、本当のリアリティとともに生きてくるでしょう。

 

 

CORVUS

鯨井謙太郒+定方まこと

構成・演出・振付・出演

CORVUS(鯨井謙太+定方まこと)

 

<使用テクスト>

アントナン・アルトー

「アルトー・モモのほんとうの話」鈴木創士 訳(河出書房新社「アルトー後期集成」より)

「神の裁きと訣別するため」宇野邦一 訳(ペヨトル工房)

「革命のメッセージ」高橋純、坂原眞理 訳(白水社)

 

日時

2017年1月14日(土)19時00分開演

会場

すろおが463

(岡山市北区表町1-6-46)

 

問合せ

Works-M

worksmlabo@gmail.com

tel 086-238-4867 fax 086-238-4866(M-laboratory

主催

​Works-M

親愛なるアルトーさんへ“pour M.Artaud” 東京公演

2016年9月10日  / 11日 @神楽坂セッションハウス

Copyright © M-laboratory  Works-M and photographers all rights are reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now