​岩渕貞太 ソロ・ダンス

「missing  link」岡山公演

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

『missing link』とは、生物進化の環のなかで発見されていない存在。

存在自体も定かではない不在。

 

自身の身体のなかに、『missing link』を探り続ける過程。

それは、他者の侵入を許しながらも抵抗し、

人ではない未知のものを生み出す、

変容と崩壊のダンス。

 

全てを隠す漆黒の闇、

あからさまに晒す光、

残される蠱惑の肉体。

岡山公演PV

振付・出演

岩渕貞太

 

日時

2017年12月16日(土)18:00 / 17日(日)15:00 開演

会場

上之町會舘 2階ホール

(岡山市北区天神町9-39 2F)

照明

川島玲子

宣伝写真

野村佐紀子

宣伝映像

須藤崇規

西野正将

中里龍三

制作

Works-M

主催

岩渕貞太 身体地図

助成

公益財団法人セゾン文化財団

協力

急な坂スタジオ

​M・L・I M-Lab Institute

2017年12月11日に行われた、岩渕貞太×三浦宏之による対談冒頭を以下ページよりご覧いただけます。

対談全文は書籍「こぼれおちるからだたち」に収録されています。

岩渕貞太×三浦宏之 対談(冒頭)はこちら

岩渕貞太  Iwabuchi Teita

玉川大学で演劇専攻、日本舞踊・舞踏も学ぶ。ダンサーとして、ニブロール・伊藤キム・ 山田うん等の作品に参加。

2007年より2015年まで、故・室伏鴻の公演に出演、影響を受ける。2005年より、「身体の構造」「空間や音楽と 身体の相互作用」に着目した作品を発表する。

2012年、横浜ダンスコレクション EX2012 にて、『Hetero』(共同振付:関かおり)が在日フランス大使館賞受賞。

日本人の身体と感性を生かした、舞踏や武術をベースに、生物学・脳科学・哲学等からインスパイアされた表現方法論「網状身体」 開発。

本公演は、舞踏が世界を先導する財産であると確信し、それを岩渕独自の身体哲学から再解釈し、継承とは異なる新たなダンスを創造することを目指します。

岩渕にとってダンスとは、観客と誘惑的な駆け引きを起こすコミュニケーションであり、ソロダンスはそれを掘り下げる原点と考えます。

http://teita-iwabuchi.com

写真:野村佐紀子