Works-M Vol.5

在 / 不在

例えば身体について何かを語ろうとする、

    しかし語れば語るほど身体はそれをする者から遠のいて行く。

 

    身体について語ろうとする身体、

     というパラドクスがそこには生まれている。

 

 身体は常に流動的な現象の表出であり、

       そもそもはそれを捉える事自体が非常に困難である。

 

      近づこうとすれば遠のき、

捉えようとすれば指の隙間から流れ落ちる。

 

          身体はいつも決定的な欠落感を伴ってそこにある。

     我々は記憶と記録で何とかそれを補おうとするのだが、

        結局は身体の不在という不可避の自体を前に言葉は失われる。

 

 

ただ、そこに身体がある。

それ以上何を語れというのか。

(美術インスタレーション作品)

作・構成 三浦宏之

アルミ、木炭、新聞紙、メトロノーム、

ドライフラワー、花瓶、

ビデオプロジェクション、

音楽<コルトベルク変奏曲BWVアリア・J.S バッハ>、

身体<田中麻美 西本千奈美 矢鳴孝一郎 三浦宏之>

 

アートの今・岡山2013

 

会場 天神山文化プラザ

   高梁市歴史美術館

   奈義町現代美術館

​写真 小熊栄

Copyright © M-laboratory  Works-M and photographers all rights are reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now