Henry・C・Muller

「生物 Raw objects」

​「動物 Moving objects」

Henry・C・Muller(ヘンリー・C・ミュラー)

「生物 Raw objects」(初演:2016年5月 金沢21世紀美術館 シアター21)

動物 Moving objects」(新作)

同時上演

おまえとおれ「最後の二人」

日時​

2017年7月1日(土)19時 / 2日(日)15時

会場

上之町會舘 2Fホール(岡山市北区天神町9-39 2F)

問合せ

Works-M

メール worksmlabo@gmail.com

TEL 086-238-4867(M-laboratory

FAX 086-238-4866

クリエーションスタッフ

武内浩一

協力

上原真澄

野口友紀

主催

Works-M

助成

公益財団法人 福武教育文化振興財団

Henry・C・Muller (ヘンリー・C・ミュラー)

三浦宏之を中心に結成された実験的ダンスユニット。

既存の振付という概念に捉われず、身体への振付ではなく感覚への振付のあり方を模索する。

コリオグラフとは何かを再考するための実 験的作品の創作と発表を目的としている。

2016年北陸ダンスフェスティバル(金沢21世紀美術館シアター21) にてユニット結成初作品となる「生物」を発表。 

CRAZY-T(チラシ写真・中)

津山市在住。

10代よりストリートカルチャー、文学、アヴァンギャルド、漁師に憧れる。紆余曲折の後20代前半、仏門修行へ。現在、不定期な舞台活動を行う。無用者として硬質(純度充満)な踊りを模索している 。

田中麻美(チラシ写真・右)

岡山生まれ。合唱をきっかけに踊りに出会う。これまでに三浦宏之作品「あいまに」(2012年)、Works-M Vol.5

「在/不在」(2013 年)、Works-M Vol.8「Human outline」(2016年)などに出演。2014年より自身の作品制作を開始。「今ここにいる」ことを大切に踊る。 http://asamiimakoko.jimdo.com 

三浦宏之(チラシ写真・左)

遡れば青年期、絵画を志しながら音楽活動を開 始するも、映画専攻の大 学に入学。直後より劇団を主宰しつつ、土方巽記念アスベスト館の門を叩き舞踏傾倒。時に文筆活動も行いながら身 体に向かい続け、現在へと行き着く。「全ての根幹となるのが、身体であるが故の表現。」プロフィール詳細はおまえとおれ特設ページ掲載。

hcmロゴ透過.png